コミュニケーションサイト Facebook アクセス お問い合わせ
TOP法人概要 › 環境への取組

環境への取組

  • 社会福祉法人 嵐山寮は、平成26年5月1日にKESステップ1に登録しました。
  • 平成27年12月14日に第13回京都環境賞・特別賞(市民活動賞)を受賞しました。

特別賞(市民活動賞)選考理由

『介護の現場において、無理なく環境改善に取り組むことを目的に、紙ゴミや紙おむつの削減等に取り組んでおり、介護サービスの向上と環境負荷の低減を結び付けた活動に斬新性が認められるとともに、約1年で紙の使用量を3万枚以上削減するなどの具体的な成果を収められていることから、市民活動賞に選考された。

今後も地域に根ざし、福祉サービスに”環境”という新しい付加価値を加えて行きます。
 

KESとは?

『京都・環境マネジメントシステム・スタンダード』の略で、            
京都で生まれた小規模事業者向けの環境負荷を低減する仕組みです。            
NPO法人 KES環境機構のホームページ

KESに取り組む理由

日本各地また嵐山で近年頻発している豪雨被害は、「地球温暖化」が一因とも言われています。
社会福祉法人も、地球や、地域に生かされています。
“Think globally, act locally.” 私達も、地球規模で考え、身近に行動する必要があります。
当施設の実施する福祉サービスの中で、環境負荷を軽減し、地域との共生を目指します。

どのような方法で?

KESで求められている事(要求事項)を考慮しながら、今ある寮内の取組を生かし、全4拠点で取り組んで行きます。
改善目標を立て実行し振り返り、法令遵守を意識する事により、“サービスの質を上げていく”事も長期の目標としています。

環境宣言 

~基本理念~

社会福祉法人 嵐山寮は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、
全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。

~方針~

社会福祉法人 嵐山寮はご利用者の長寿生活を実現する多様な活動及びサービスに伴う環境負荷を低減するために、
次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。
  1. 当法人の活動及びサービスに伴う環境影響を常に認識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
  2. 当法人の活動及びサービスに伴う環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当法人の活動及びサービスに伴う環境影響のうち、以下の項目を環境改善目標として取り組みます。
    1. 事故を減らす
    2. トイレでの排泄
    3. 地域との共生
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全職員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。
  5. 京のアジェンダ21フォーラム他のパートナーシップに基づく地域の環境改善活動に積極的に参画します。
上記の方針達成のために、環境改善目標を設定するとともに定期的に見直し、環境マネジメント活動を推進します。

制定日 2014年1月1日
改訂日 2016年1月1日
社会福祉法人 嵐山寮
KES最高責任者 稲澤修司